琵琶湖で使う一軍フロッグ


今回は僕が琵琶湖で必ず持っていく一軍フロッグを紹介します。

ティッケル:ワッカー

名作です。カタログ通り首振りは難しいものの、コツをつかむと水押しが強くアピール力がかなり高いと思います。個人的には濁りの入った、リーズ際に落としてネチネチ釣るには最適なフロッグだと思います。

 

ブーヤ:パットクラッシャー

ワッカーとは正反対のイメージです。使い所はリーズ際をネチネチ首を振って釣るシチュエーションが一番適していると思います。ただ、ワッカーと違って着水音が静かなので遠くからのアプローチに適しています。そのため、水がクリアーで遠くからアプローチが必要な時はこっちを選択します。

 

デプス:バスターク

デプスのルアーは手に入りにくいので好きになりたくないのですが、これは外せません。琵琶湖のマットの上でちゃんと水を掴んでスプラッシュさせるという点で他の追随を許さないと思います。そういう意味で沖のマットのスペシャルと言えます。

ブーヤ:パットクラッシャーJr

困った時はこのルアー。着水音も他と比較にならないほど静かですし、サイズダウンにより確実にバイトが増えます。プレッシャーが高かったり、どうしても釣りたい時はこのフロッグだと思います。また、どうしても不利なフロッグのバックシートの釣りでもそのサイズ感から釣り負けることは少ないと思います。

 

ティッケル:ホンカー

とにかく手返し重視。広大なヒシモエリアとかを効率良く探る時に重宝してます。また、魚が散った秋のフロッグゲームでも大活躍します。

 

 

個人的に新し物好きなのでどんどん試していきますので、随時このページは更新予定です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA